イタリア観光 ベネチアその1

ミラノの日本人の方から
以前から疑問に思っていた事の返信がありました
飲み物の6ユーロは高すぎ ツーリスト価格なのでは?と
ランチに行くときは1ユーロとか2ユーロで、
前菜 プリモ セコンド 水やワインがついて10から20ユーロで
味はだんぜん美味しいとのことでした
やはり そううでしたか 以前からおかしいな~って思っていたんです
個人旅行で食事をしたほうが食事はリーズナブルで美味しいとの事です

いつになるかは わかりませんが 次回のイタリア旅行は個人旅行をと思ってます

そういえば 沖縄のツアー客がこんな所で食べるの?って
地元客が食べないような所でで沖縄そばを食べる光景を目にすることがあります
もっと 安くて美味しい所いっぱいあるよって言いたい
海外ツアーでは ランチタイムなのに 
席ががらがらでツー客しか入ってこないレストランにもよく連れていからますね

いつも格安ツアーなんで 食事は期待してないのでそうガッカリすることはないのですが
ブログにはお世辞を書くと期待でがっかりしないように
できるだけ正直な感想を書くようにしてます


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます


10月8日 世界遺産のベネチア観光となりました

いつも 事前に前知識もなく旅行に行って
旅行から戻ってブログを書くときに色々検索するので
今回もベネチアってこんな所にいあったんだって勉強になります

jpm_italy9615.jpg

イタリア本土からリベルタ橋をバスで渡るとそこがベネチア

ラグーナ(潟)の中に100を超える島々が点在し、その間を150の運河が巡り、400もの橋が街を結ぶベネチア。
橋を渡ると車は乗り入れることができず、交通手段は船と徒歩だけという「水の都」。
東方との交易がもたらした、13〜16世紀の共和国時代の建物が建築美を競ってます
(ネット引用)

map01.gif

この旅行では ベネチアが一番好きな所となりました 
朝は曇っていましたが 昼からはいい天気となりました

066.jpg

人がイッパイいるとテンションがあがるんだわ~
073.jpg

海辺の近くの画像です
072.jpg

歴史を感じさせる建物ばかりで 風情が会ってステキ 観光客もイッパイ
075.jpg

いよいよ ゴンドラ観光 6人乗りとなってます
今と違うのは、昔の”ゴンドラ”は小さな船室があり、
当時、貴重なガラス窓が嵌め込まれ、大理石の椅子、ビロードの
絨毯が敷き詰められていたそうです。

また、”ゴンドラ”は大きさも様々で、赤や青、金等で塗られ
漕ぎ手には高価な派手な衣装を着せたりして、華やかさを競って
いました。

その結果、贅沢がエスカレート。
1562年「贅沢禁止令」が出され船の色は”黒”に統一されました。

076.jpg
多分 地図6番の教会? 装飾が見事でゴージャス
077.jpg
静かにゴンドラは進んで行きます 風情のある佇まいが素敵です
079.jpg

試験を受けてゴンドリエーレ(ゴンドラの漕ぎ手)になるとのことです
マリンの縞のシャツを着ていました 
ブルーだけと思ったら画像では赤の縞もあってあれ~って感じ
081.jpg

082.jpg
運河を抜けて海からベネチアを見ます 街の雰囲気がいい
日本って 木造建築なので
昔の建物がヨーロッパみたいに沢山残っていないのが残念
建物も小さいし 何だか見劣りする~って旅行するたびに思いますが
京都に行くと 京都もいいぞって思ったりします
083.jpg

084.jpg
地図3番のドゥカーレ宮? 
088.jpg

089.jpg
海から運河に入って ゴンドラが到着
087.jpg

その後 サンマルコ広場へ 
これは何か?って言うと
しばらくすると 潮位があがってサンマルコは広場は水びたしになるので
その時に歩けるようにとの足場です
091_201410190934346ce.jpg
まだ 水浸しでないサンマルコ広場 結構広い
092.jpg
この方がベネチアの現地ガイドさん イタリア男の典型でしょうか?
めちゃ 口が上手い ユーモアのある楽しい方でした
イタリア男って オシャレです
テレビで靴下やジーパンにもアイロンあてるって
身長は ラテン系なのでドイツ等のゲルマンと比較すると低めです
短髪でジーパンに革ジャンとカッコイイ人が多いと印象で
イケメンも多いような気がしました

094.jpg
潮位が上がってきました
095.jpg

ベネチアは見どころが多いので次へ続く

コメント

非公開コメント

カテゴリー

月別アーカイブ