クロアチア・スロベニア4カ国観光 (世界遺産モスタル観光)

昨日と一昨日は 台風後のベランダのランの手入れと
長く放置されていた2階ベランダの大掃除
アルミサッシの外側がカビだらけだったので カビキラーでの掃除 
庭の西側 北側 東側が汚かったので大掃除と重労働で疲れました

現在62歳 65歳を待たず仕事を辞めたいよーな
辞めると収入が少なくなるので 後悔しそうなので
辞めれないのが悩ましいですね


毎回 記事が長くてすみません

貴方の一押しが 更新の励みになります

ランキングに参加しています、よろしければポチっと押してください
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ 素敵なインテリアへ
にほんブログ村

ありがとうございます
9月18日 日曜日
ホテルでの朝食後は 国境を越えて
オスマン帝国の歴史が残るボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産モスタル観光でした

モスタル市内の中央を、さほど大きくないネレトヴァ川が横切り、そこに石で出来た橋が架けられています。
このモスタルには、内戦が勃発する以前、3つの民族が仲良く暮らしていました。幾つものモスクや教会が建てられ、平和な日々が続いていました。そして、そこに架けられた橋は民族を結んでいました。
このスタリ橋と呼ばれる石の橋は、1566年に作られ、トルコ語の古い橋という意味から、この街はモスタルと呼ばれるようになりました。
紛争の時には、この橋も破壊されてしまいました

6881_1.jpg

6881_2.jpg

お土産物屋さんが一杯で トルコ旅行の時に見たエキゾチックなものが売られてました
価格は比較的良心的でパシュミナのストールは1200円ほどで安く売ってます
ここで刺繍いりの白の150×220のリネンーブルクロスを5000円足らずで購入
迷ったのですが 若い女の方があまりにも熱心で
なぜか気の毒に感じられて言い値で買ってしまった
テーブルクロスは 現在娘の家で使われてます

6881_3.jpg

6881.jpg

 内戦により街には至る所に弾丸の後が見えます
徹底的に破壊された家屋もたくさん放置されています。
今は、観光客がたくさんこの街を訪れていますが、
土地が痩せていて、あまり豊かでなかったこの地域の失業率は50%にも達し
世界的にも貧しい国にランクされています
上まではネットから引用です

DSC01799.jpg

DSC01805.jpg

200ユーロたまると橋から飛び降りるパフォーマンスが見られます
DSC01808.jpg

DSC01809.jpg

DSC01810.jpg

DSC01813.jpg

DSC01816.jpg

DSC01817.jpg

DSC01818.jpg

DSC01819.jpg

昼食は 名物料理のチェヴァビを食べました

DSC01826.jpg

DSC01827.jpg

その後 絶景の続くアドリア海の島々や村々を車中より楽しみながらトロギルのホテルへ
部屋も広くバスタブのあるホテルで快適でした
DSC01829.jpg

DSC01830.jpg

DSC01831.jpg

DSC01832.jpg

ホテルでの食事は毎回 バイキングでこんな感じでした
飲み物は有料ですが 他のヨーロッパの国と比べるとお安いです

DSC01833.jpg


コメント

非公開コメント

カテゴリー

月別アーカイブ